お問い合わせ・ご予約

下肢静脈瘤ブログ

ステイホームが足に与えた影響

1ヶ月半もの期間、家にいる時間が長くなりました。

ステイホーム、何故か英語ですが、家にいろ!と言われた結果、足に与えた影響は

足が痛い!

と訴える患者さんが増えたということです。

何故でしょう?

動く時間が減り、椅子に座る時間が増え、筋肉が減ってしまったためです。

足がむくんでしまうと、神経への血流が悪くなり、痛みが出たり、だるくなったり、足への不快感が強くなります。

もともと下肢静脈瘤がある方は、特にこれらの症状を感じやすいようです。

今までは「血管がボコボコ浮いてきた」という訴えが多かったのですが、ステイホームによって悩みが変化しているんだなと、足を通じて世の流れを感じています。

静岡静脈瘤クリニック
電話 054-275-0770

血栓とエコノミークラス症候群

血栓を伴った下肢静脈瘤

コロナウイルスによって、自宅にいる時間が長くなったことで

テレビを見る時間が増えた方が多いのでしょうか。

「血栓やエコノミークラス症候群が心配だから、足をみてほしい。」

という問い合わせを多くいただくようになりました。

足の血栓は外から見るだけでは、わからないこともあり、

超音波検査(エコー)で調べていきます。

痛くもなく、10分程度の診察で結果がわかります。

無料でチェックもできますので、どうぞ気軽にお問い合わせください。

不安を自分で抱えることはせずに、まずはお電話してみてくださいね。

その不安はすぐに安堵へと変わるでしょう。

静岡静脈瘤クリニック
電話 054-275-0770

入院?血管を抜く?怖い?

50代 女性 藤枝市

「入院しなきゃならないんでしょ?」

「血管を抜くって聞いたけど?」

「手術の後、今も痛いって言ってる人がいるから、このままでいいや」

「なんか、怖い」

外来に来られた患者さんの話をよく聞いていくと、こう言ったことをよく聞きます。

これらはストリッピングという、昔からある治療法なので、文字通り血管を引き抜く治療のことです。

そのため、術後の痛みが出たり、数字入院するのが当たり前でした。

しかし、カテーテルの治療になってからはこれらの心配はいりません。

日帰りで治療が可能です。

針先からカテーテルを入れて10〜30分で、そのまま歩いて帰れます。痛み止めも出しますが、使わずに済む方が多いです。

怖くないように、無料の検査をしているので気軽にお友達といらしてください。

血管がボコボコしていなくても、

「かゆみ」や「むくみ」、「こむら返り」、「ダルさ」

は下肢静脈瘤が原因であることがあります。

超音波検査でカンタンに調べられます。10分ほどの検査で、痛くもありません。

思い込みや先入観で、簡単に治せる機会を失わないでくださいね。

静岡静脈瘤クリニック
電話 054-275-0770


本症例写真の病名

  • 小伏在静脈瘤

手術内容

  • 大伏在静脈瘤 血管内焼灼術(カテーテルによる高周波焼灼術)
    • 30分、日帰り治療、歩いて帰れます

リスク・合併症( カテーテル治療 )

  • よくおこること:内出血、腫れ、少しの痛み
  • ときどきおこること:水ぶくれ、血栓による静脈炎
  • ほとんどおきないこと:皮膚の感覚の低下、しびれ
  • ごく稀におこること:深部静脈血栓症(血の塊が肺に飛んで苦しくなることが4000人に1人)

治療の費用(片足の場合)

診察内容1割負担2割負担3割負担
カテーテル治療約30,000円約32,000円約60,000円
硬化療法約15,000円約17,000円約19,000円